法人の事業紹介

役員退職金とその活用例

役員退職金の手取額

役員退職金の計算式

役員退職金 = 退任時役員報酬月額×通算役員在任年数×功績倍率

功績倍率設定例

功績倍率 3.0倍 : 代表取締役会長、代表取締役社長
功績倍率 2.5倍 : 取締役会長、専務取締役、常務取締役
功績倍率 2.0倍 : 取締役、常勤監査役

退職金手取額の計算例

退任時役員報酬月額100万円、通算役員在任年数40年、功績倍率3.0倍の場合

役員退職金
: 100万円×40年×3.0倍 = 12,000万円
退職所得控除
: 800万円+70万円×(40年-20年)= 2,200万円
退職所得
:(12,000万円-2,200万円)/ 2 = 4,900万円
所得税
: 4,900万円×45%-479.6万円 = 1,725万円
住民税
: 4,900万円×10% = 490万円
退職金手取額
: 12,000万円-(1,725万円+490万円)= 9,785万円
退職金手取率
: 9,785万円 / 12,000万円 = 82%

税務上の取扱いにつきましては平成29年12月現在の税制によるものです。今後の税制改正により変更となる場合がありますのでご注意願います。詳細につきましては顧問税理士様にご確認願います。

退職金手取額早見表